Archive for 8月, 2014

私の夏の主な主食

普段はごはん以外はほとんど食べないのですが、とかく夏場になると、私の1日の大半の食べ物はすべてコレになるのではないかと思うぐらいに、かき氷やアイスを食べています。
いや、どちらかと言えば、アイスクリームよりも、かき氷ですね。
沖縄では、アイスクリームよりもかき氷などの氷菓子の方が売れると聞きますが、私も確かにそう思います。
「ちょこっと暑い」程度でしたら、ソフトクリームやアイスクリームがおいしいと思うのですが、「むちゃくちゃ暑い」というレベルですと、「氷!氷!氷!」となります。
とにかく、むちゃくちゃ暑くなってきますと、アイスクリームの冷たいなめらかさよりも、シャキシャキの氷の冷たさが欲しくなるのです。
北海道や長野県あたりの、涼しい夏においては、アイスクリームやソフトクリームも絵になりますし、おいしく感じるとは思うのですが、東京のようなアスファルトからの照り返しも浴びる灼熱の夏においては、やっぱり求めるのは「氷」ですね。
蒸し蒸し暑い日に限っては、朝からかき氷を朝食代わりに食べていますし、昼ごはんはパピコ2本の時もあります。
もうねバテバテなのですよ…。

我流!夏風邪の対処法

医学的なツッコミはさておき、「夏風邪をひきそうだな」と思ったら、私はこの方法で対応しています。
簡単にその内容を説明するならば、「高カロリー食を食べる!」「熱い風呂に入る!」「高い栄養ドリンクを飲んで、薬を飲む!」「とにかく寝る!」というものです。
この4点をおこなうだけで、翌日の目覚めがまったく違うものになります。
そして5点目のキーワードに忘れてはいけないのが、「思い込み」です。
夏風邪対策としての5点目は、ずばり言って「すぐに治る!と思い込むこと」です。
夕方に寒気を覚えて、「こりゃあ、夏風邪くるかもな…」と、思ったのならば、まず「翌朝までに治す!」と気合いを入れます。
もとい、そう思い込みます。
そして、先にあげた4点を次々に実行していき、1秒でも早くベッドに入って眠ります。
思い込みの効果とは、すばらしいもので、医者にもみせてないのに、これで私は何度も夏風邪によるピンチを脱出しています。
病院に受診することは、確かにもっとも良いのでしょうけれど、しかし忙しい社会人は病院へ行く時間も惜しいのです。
ましてや夕方に風邪の気配を感じたら、もう自力で治す方が早いですから。