Archive for 9月, 2017

カップ麺で胃もたれ

カップ麺を食べると気持ち悪いのはなぜ?

日本が誇る発明品の一つ、カップ麺。

保存食としてもとても重宝します。

でも、食べ過ぎるとやっぱり体には良くない添加物がいっぱいなのも事実。

もちろん食べても全く平気!

という人もいれば、中には食べると気持ち悪くなってしまう人も。

カップ麺で気持ちが悪くなる
可能性のある問題点をあげてみましょう。

①過酸化脂質の影響

カップ麺の麺は油で揚げているため
どうしても時間がたつにつれ
古くなった油の酸化によって
有害な過酸化脂質が発生します。

この過酸化脂質は、一定量マウスに与えると死んでしまいます、

一応これを抑えるための処置として
ビタミンEなどの酸化防止対策をしていますが
賞味期限の長いカップ麺では
時間がたつにつれ、どうしても完全にふさぎきれていない可能性が考えられます。。

過酸化脂質による影響としては、
消化不良や不快感、下痢などがあります。

②添加物に反応している

カップ麺の成分表を見てみてください。

品名:即席カップめん
原材料名:油揚げ麺(小麦粉、植物油脂、食塩、チキンエキス、
ポークエキス、醤油、たん白加水分解物)味付豚肉、味付卵、
味付えび、糖類、醤油、食塩、ネギ、香辛料、野菜エキス
たん白加水分解物、ポークエキス、 チキンエキス、

加工でん粉、調味料(アミノ酸など)、炭酸Ca、かんすい、
カラメル色素、増粘多糖類、乳化剤、
酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、
ビタミンB2、ビタミンB1、スモークフレーバー、酸味料、香料、

何やら難しい名前がずらり・・

かなりの添加物が使用されているのがわかると思います。

加工でん粉以降は10種類以上の添加物が使用されています。

これ以外の原材料(○○エキス、食塩、香辛料、砂糖、醤油、たんぱく加水分解物など)は添加物で

はなく、すべて食品扱いです。

この食品添加物の何かに体が反応して、
気持ち悪くなるケースがあります。

すべてが体に悪いもの、というわけではありませんが
人口で作られている添加物ですので
やはり人によっては不快感を感じてしまうことも。

③塩分の過剰摂取

塩分が直接気分が悪くなる原因というわけではありませんが
体に良くないという面では軽視できません。

スープにはかなりの塩分(ナトリウム)が含まれます。

WHOの推奨する塩分の1日の摂取量が5グラム。

日本の厚生労働省でも2015年に新たに改正され、

18歳以上男性:8グラム未満
18歳以上女性:7グラム未満

と設定されています。

ところがこのカップ麺をスープまで飲み干してしまうと
軽く一日分、もしくはそれ以上になる可能性も。

塩分の過剰摂取は、高血圧や腎臓疾患、不整脈や心疾患の原因に。

これはカップ麺だけではなく
ラーメン屋のラーメンでも同じく
スープは塩分が多めです。

できればスープは飲み干さない方がいいですね。
カップ麺の胃もたれしにくい食べ方は?

もちろんカップ麺を食べないのが一番の改善方法ですが、

でもやっぱりやめられない!

という方に、ちょっとしたひと手間で
胃がもたれにくく、塩分も抑えられる食べ方をご紹介します。

?

①麺のゆで汁とスープのお湯はわける。

かやくやスープの素が別袋になっているものに限りますが

まず、カップヌードルの麺以外をすべて取り出し、
お湯を入れる。

麺のゆで時間より1分早めに一度お湯を捨てる。

新しいお湯を注ぎ、かやくやスープの素を入れてもう1分待つ。

【例:ゆで時間3分の場合】
2分→お湯の入れ替え&スープの素→1分待つ→できあがり!

ちょっと手間ですが、これで麺の油分・過酸化脂質がだいぶ減ります。

?

②スープは飲み干さない!

スープが美味しいんですが・・・
ここに添加物、塩分がいっぱい含まれています。

このスープを飲まないだけでも
かなり軽減されますよ。

?

③ノンフライ麺を選ぶ

最近ではノンフライ麺も多く出回っていますよね。

もとから油を使わずに麺を作っているので

過酸化脂質の心配がありません。

こういうカップ麺を選ぶのも一つです。

あとがき

健康のことを考えると、
やっぱりできるだけ避けた方がいいカップ麺ですが、

便利で手軽、忙しい方には本当にありがたいのも事実ですよね。

ただやっぱりどうしても気持ち悪く感じるのであれば、

それはあなたの体が発しているサイレン。

出来るだけ食べないようにしたり、

工夫していく必要があるのかもしれませんね。
おせち 2018 通販