わたくしは過去から毛深いことが悩みです。

わたくしは過去から毛深いことが悩みです。

ちなみに10代の頃は、カミソリをメインに剃ることを何度も繰り返していました。

結果、肌の荒れやかぶれに悩まされてからは、毛抜きや除毛系のクリームを使ってみたこともあります。

毛抜きというのも厄介なもので、時間や手間が掛かる割に毛穴が目立つようになってきます。

そもそも肌の質が弱いこともあり、クリーム系は塗ったときに沁みることから継続していません。

上記のような過程から現在は、マメにインターネットを活用して「エステティック」にまつわる情報をチェックしています。

全身脱毛し放題

はじめに利用してみた店舗はメディカル系ということもあり、最新型のマシンを使っていました。

こちらフラッシュというマシンで、からだに無害な光のショットを当てるような流れです。

腕、手の甲・指の脱毛を契約してみたのですけど、確かに意外なる効果が得られたのか、毛が生えない個所がありますし、肌の乾燥などのトラブルもありません。

磨けているようで意外と磨けていない歯

私は歯医者に定期健診に行くたびに初期虫歯が見つかります。
自分ではしっかりと磨いているつもりですが、それでも磨き方が甘いらしく、細かい部分に初期虫歯ができるようです。
初期の虫歯だから重く受け止めることはないですが、しっかり磨いているのにこういった問題があるとショックを受けますね。
歯医者に行った晩からは、もう二度と虫歯なんか作らないと意気込み歯の隙間まで念入りに磨くことが多く、そこそこ時間もかけます。
私の場合は歯の隙間や歯の根元の磨き残しが多いようです。
毎回歯医者に行くたびにその辺に初期虫歯が見つかり、虫歯の進行止めを塗ってもらいます。
これから年をとって歯が弱っていった時、簡単に虫歯ができてしまうと問題があると思っています。
虫歯だけでなく歯槽膿漏も心配ですし、もちろん歯そのものが抜ける可能性もあります。
歯を健康にするためには普通の歯磨きだけではいけないとも思っており、糸ようじや歯間ブラシの使用も考えています。
歯は食事をする時に必要なパーツですから、いくつになっても丈夫な歯を維持できるように、意識して生活しなければだめですね。

最近よく見るテレビ番組

夫婦そろってあまりテレビは見ない方で夜はネットをしたり図書館で借りた雑誌や本を見たりすることが多いですが最近気になってよく見る番組が“マツコの知らない世界”です。
いろいろな分野に詳しい?方が来てその世界を語ってる番組ですがほんとにいろんなジャンルで普通っぽい人が来るので見ていて面白いです。
テレビによく出る方がゲストで来るのかはよくわからいですがマツコさんとのトークもすごく楽しいです。
主人も独自の世界観が面白いようで一緒に見てます。
私は主婦なので前に放送されたドレッシングの話やパンケーキの話、デパ地下のチョコレートの話が面白かったです。
スーパーでちょっと変わったドレッシングがあると番組を思い出します。
主人は最近放送された話で図鑑マニアのような方が来た時が面白くてつい図鑑を買いたい気持ちになったそうです(笑)。
私はたまたまその時は子供と一緒に寝てしまって見てませんが。
“マツコの知らない世界”のタイトル通り知らないことをテレビで放送してくれると自分でも興味がわくのでこれからも知らない世界をじゃんじゃん放送してほしいです。
これからも楽しみにしています。
探偵 費用

奥さんが節電するために作った新ルール

我が家では奥さんが家計の管理をしているので、奥さんが電気代などの光熱費を払っています。
そんな奥さん、今月のはじめ辺りに私と子ども2人へ家族の新ルールを発表してきました。
その内容ですが、『リビング以外の各部屋にあるエアコンの使用禁止。扇風機はOK。』という内容でした。
薄々こうなった理由は分かっていましたが、一応「突然どうしたの?」と訪ねてみました。
すると私が考えていた通りで、電気代の請求が前の月の倍近くはね上がったそうです。
我が家にはリビング以外に3部屋ありまして、その中の2部屋にエアコンが装備されています。
一つは私と奥さんが兼用して使っている部屋で、もう一つは子どもが勉強など好きなことをしている部屋です。
もう一つの部屋に関してリビングの隣で、スライド式のドアで区切られているだけなのでエアコンは無く奥さんと、子ども2人の寝室として使用しています。
あ、私は基本的に寝る時間が遅いため基本的には自分の部屋で1人で寝ています。
子ども達は奥さんの新ルールに対して、特に何か言うこともなく「はい」と返事しました。
しかし、私は「俺自分の部屋で寝てるけど、そのときもエアコンダメなの?」と奥さんに言いました。
すると奥さん即答で、「ダメ。じゃあ自分の部屋じゃなくてリビングで寝てください。」と言いました。
これ以上光熱費を管理してくれている奥さんに反論することは良くないと感じた私は「分かった」と納得し、現在リビングで寝ています。
無駄な出費をなくすように努力してくれている奥さんには感謝していますし、そのおかげで週末などに家族でお出掛けや、外食が出来ていますので私はこれが正しいと自らの胸に言い聞かせ毎日リビングにお布団を敷いて寝ています。
(笑)以上、夏だからこそ新しく出来た『奥さんが節電するために作った新ルール』に関してでした。

私の夏の主な主食

普段はごはん以外はほとんど食べないのですが、とかく夏場になると、私の1日の大半の食べ物はすべてコレになるのではないかと思うぐらいに、かき氷やアイスを食べています。
いや、どちらかと言えば、アイスクリームよりも、かき氷ですね。
沖縄では、アイスクリームよりもかき氷などの氷菓子の方が売れると聞きますが、私も確かにそう思います。
「ちょこっと暑い」程度でしたら、ソフトクリームやアイスクリームがおいしいと思うのですが、「むちゃくちゃ暑い」というレベルですと、「氷!氷!氷!」となります。
とにかく、むちゃくちゃ暑くなってきますと、アイスクリームの冷たいなめらかさよりも、シャキシャキの氷の冷たさが欲しくなるのです。
北海道や長野県あたりの、涼しい夏においては、アイスクリームやソフトクリームも絵になりますし、おいしく感じるとは思うのですが、東京のようなアスファルトからの照り返しも浴びる灼熱の夏においては、やっぱり求めるのは「氷」ですね。
蒸し蒸し暑い日に限っては、朝からかき氷を朝食代わりに食べていますし、昼ごはんはパピコ2本の時もあります。
もうねバテバテなのですよ…。

我流!夏風邪の対処法

医学的なツッコミはさておき、「夏風邪をひきそうだな」と思ったら、私はこの方法で対応しています。
簡単にその内容を説明するならば、「高カロリー食を食べる!」「熱い風呂に入る!」「高い栄養ドリンクを飲んで、薬を飲む!」「とにかく寝る!」というものです。
この4点をおこなうだけで、翌日の目覚めがまったく違うものになります。
そして5点目のキーワードに忘れてはいけないのが、「思い込み」です。
夏風邪対策としての5点目は、ずばり言って「すぐに治る!と思い込むこと」です。
夕方に寒気を覚えて、「こりゃあ、夏風邪くるかもな…」と、思ったのならば、まず「翌朝までに治す!」と気合いを入れます。
もとい、そう思い込みます。
そして、先にあげた4点を次々に実行していき、1秒でも早くベッドに入って眠ります。
思い込みの効果とは、すばらしいもので、医者にもみせてないのに、これで私は何度も夏風邪によるピンチを脱出しています。
病院に受診することは、確かにもっとも良いのでしょうけれど、しかし忙しい社会人は病院へ行く時間も惜しいのです。
ましてや夕方に風邪の気配を感じたら、もう自力で治す方が早いですから。